占いの起源と性質

そもそも占いってなんでしょうか。

 

その前に、あなたはどんな時に占おうと思いますか?

 

悩み事があるとき、あの人の気持ちが知りたいとき、自分の将来が気になるとき…

 

そう、占いとは人の心の内や運勢、未来など、
人間が直接知ることのできないものについて判断することやその方法
のことをいいます。

 

 

占いは太古の昔から人々に親しまれてきたものですが、

 

「運命を読み解きたい!自然の力を予測したい!」

 

という人類の切なる願いを神の万物である自然や宇宙から読み解こうとしたのです。

 

 

過去も現在も、人々が占いに求める根本的な願いは同じなんですね。

 

 

しかし複雑な現代社会に生きる私たちにとって、現在の占いの役割と使命は神の言葉の伝達という神秘の世界との仲介だけでなく、
人の悩みや心の内を相談できるカウンセラーとしての性質を持っているといえます。

 

 

占いと一言に言っても、占術、種類、方法など実にさまざま。

 

そんな占いですが大別すると、

  • 命(めい)
  • 卜(ぼく)
  • 相(そう)

の3種類に分けられます。

命・卜・相

命(めい)

運命、宿命などを占うもの。
生まれた「年」「月」「日」「時間」など、自分の意志とは関係なく生まれたときから定められている必然的要素を用いて自分の運命や宿命を推理します。

  • 占星術
  • 四柱推命
  • 数秘術
  • 九星気学
  • 算命学

など。

 

 

卜(ぼく)

カードなどの道具を用いて、今この瞬間に偶然に出た結果(カードの絵柄やサイコロの目など)から出来事や運命の行方、物事の吉凶を推理していきます。
生まれつき備わった性格や才能、宿命といったものよりも
「今、あの人はどう思っているのか」
「今、自分はどんな判断を下せばいいのか」
など、日々刻々と移り変わる状況を占う。

  • ルーン占い
  • タロット占い
  • ダウジング
  • 花びら占い

など。

 

 

相(そう)

目に見える対象の姿や形(顔のパーツの形や造作、手の造り、家の間取り、名前など))を見て、現在の人への影響や吉凶などをみる占い。

  • 姓名判断
  • 手相占い
  • 人相占い
  • 風水

など。



恋愛成就プログラム

電話占い


inserted by FC2 system